他店より高ければ相談ください。データ復旧修理専門店

SSD データ復旧

 

SSDからのデータ取り出し、復旧の事例です。

 

PANASONIC CF-AX2SDBNS

 

起動するとRecoveryというブルーバックの画面が表示されて

再起動しても症状が変わらないとのこと。

 

リカバリもできず、修理はしないでデータだけの取り出しをご希望です。

 

 

msataタイプのSSDです。

SSD型番「SAMSUNG MZMPC128HBFU-00000」

Power On Hours : 2049 時間
Power On Count : 2910 回

 

SSD128Gの容量のうち、約100GB分のデータを確認。

 

元のSSDからHDDにデータコピー。

 

無事お客様のデータが確認出来ました。

 

 

PANASONIC CF-MX3JEBJR

 

windowsが起動しなくなり、SSDも反応なし。

 

M.2タイプのSSDです。

SSDは、データ復旧用の端末PCにSSD(M.2)の規格コネクタを介して接続。

 

データ:72.9GB を復旧できました。

 

 

LENOVO V520S-08IKL

 

OSがエラーにより起動しないため、初期化をするまえに、

データ取り出しをしたいとのこと。

 

M.2タイプのSSDと3.5インチHDDが入っています。

HDDにデータは何も入っておらず、

SSDにOSやユーザーデータが入っていました。

 

 

SSDは、データ復旧用の端末PCにSSD(.M2)の規格コネクタを介して接続。

 

データ:64GB を復旧できました。

 

 

SanDisk SDSA5JK-256G

 

IMG_3383

LEDも付かない。 FANも回らない。BIOSも起動しません。

パソコンの修理は行わずデータ取り出しのご依頼です。

 

SATA変換アダプタを利用して以下の内容を確認出来ました。

 

データ:167GB を復旧できました。

 

 

msi NotebookPC MS-1759

 

データ復旧msi NotebookPC MS-1759_ 1

 

Recovery画面が表示されてWindowsが起動出来ないとのこと。

OSリカバリーとデータ復旧を実施。

 

元SSDは接続確認すると未割当状態のため、修理する場合はクローン不可。

データの取り出しはできないと報告したところ、データ復旧の依頼となりました。

 

SSD型番「LITEON IT SCS-256L9S」

 

復旧の進行をみるとSSDの状態はあまり良くありません。

進行の速度も時間がかかりました。

データ復旧msi NotebookPC MS-1759_ 2

 

無事お客様のデータが確認出来ました。

 

 

LENOVO X1

 

IMG_1457

 

起動不可のPCから、HDDのデータを取り出して欲しいと、

データ取り出しの依頼を受けました。

マザーボード故障と思われます。

 

IMG_1458

この機種は、特殊な差し込みのSSDでした。

IMG_1452

IMG_1453

SSD情報「SAMSUNG MZ-NTE2560」

コネクタは、SSD(.M2)の規格になります。

 

IMG_1456

 

IMG_1455

SSDは、データ復旧用の端末PCにSSD(.M2)の規格コネクタを介して接続。

 

データ:126GB を復旧できました。

 

 

DELL XPS12 9Q23

 

電源を入れてメーカーロゴまで起動しますが、

Windows起動バーがぐるぐる回ったまま先に進みません。

 

分解して、SSDを取出し。

SSD型番「SAMSUNG MZ-MPC128D」

SSDは、m-sataタイプの物でした。

m-sata用の変換基板に取り付けて確認をしたところ、

SSDの中のデータは正常に確認できました。

 

データ:37.6GB を復旧できました。

 

 

NEXTGEAR-NOTE i5700BA2

 

起動時にビープ音(ピーピーピーという長音)が鳴り続け、

まれに正常に起動するが、

ログイン前の画面で自動的にシャットダウンされるとのこと。

メモリの交換をしようとして一度メモリを取り外してから

この状態になったとの事でした。

 

本体からの発熱が異常に高い状態です。

グリスアップ。ヒートシンク(型番: 6-31-P650N-101)を交換。

発熱は改善しましたが、左右にあるうち、左側のFANが異常な回転をしています。

 

本体部の故障です。

補修を試みましたが、原因は不明という結果。

部品も入手不可のため修理不可との診断となりました。

 

通常、修理ができない場合は、ご返却、買取、HDD取り出しから選択頂きます。

データだけでもということでHDD取り出しをご依頼いただきました。

 

再度、分解を行いHDDを取り出します。

 

2つのHDDが搭載されているモデルでした。

 

 

2つともHDDは正常に動作しています。

 

CドライブはSSD型番「DSC2BW120A4」

使用されているのは約80GB、うちお客様作成のファイルは約20GB。

 

DドライブはHDD。

320GBのHDDで約200GBを使用。

HDD型番 HGST HTS545050A7E380

 

無事お客様のデータが確認出来ました。

 

 

関連記事

Seagate HDDデータ復旧

  Seagate製HDDのデータ復旧事例です。   Seagateは他のHDDメーカーに比べて、構造上プラッタ部にキズが付いてしまうことが多く、 復旧できないことも多いHDDメーカーです。   ヘッド交換でデータ復旧OK、あるいはHDD取りだしだけで完了した事例となり…続きを読む>>

HDD データ復旧 軽度故障

  軽度故障の事例をまとめました。 HDDの開封の必要がなく、取り出しのみとなる場合、修理費も安価になります。     mouse computer W110ER   起動しなくなったのでパソコンのお修理をご希望でしたが、 基盤の補修不可となったため、データ取…続きを読む>>

症状やデータ復旧のご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

TEL. 03-6692-2734(10:00~19:00。水・日曜は定休日)