他店より高ければ相談ください。データ復旧修理専門店

Logitec 外付けHDD 認識しない データ復旧

 

Logitec製の外付けHDDのデータ復旧事例です。

 

 

Logitec LHD-ENA020U2W

 

PCに接続しても認識しない為、データ取り出しの作業です。

電源ケーブルやUSBケーブル変えてもLEDはつきません。

 

外付けHDDを分解して、中のHDDを取り出し。

HDD型番「Western Digital WD20EZRZ-00Z5HB0」

 

データ復旧用のPCに接続するもHDDに電源が入らない症状でした。

外付けHDDのケース側の方は問題無く、テスト用HDDを載せてみると、正常に動作しました。

ヘッドを取外してみても、ディスク(プラッター)にもヘッドにも損傷は見当たりません。

 

ドナーHDDの基盤を取り付けてみると、元のHDDは電源が入りモーターも回転。

元HDDの基盤の不良と判断しました。

元HDDの基盤から、チップを取出してドナー用HDDの基盤に移植。

チップを移植した、ドナー基盤を取り付けることで、HDDの認識やデータの確認ができるようになりました。

 

データ復旧用PCに接続、以下の内容のデータが取り出せました。

 

■抽出データ:221 GB ファイル数: 42,617、フォルダー数: 2,024

ランダムに画像、動画、pptxファイルを開いてチェック。

 

抽出データを代替HDDにコピーします。

ケースに収納して作業完了です。

 

 

Logitec LHD-EN3000U3WS

 

電源を入れたらオレンジのランプがうっすらと点滅。

パソコンにつないでも認識しないとのこと。

申告どおり認識しないのはもちろんの事、接続先のPC電源が落ちてしまう状態でした。

 

HDD内部ではなく、制御基盤の不良と推測。

元の基盤はショートした跡などは確認出来ませんでしたが

同じ型番の基盤を用意し交換してみると電源は落ちず、HDDも正常回転しました。

 

ただし、基盤をそのまま交換しただけでは元のデータは読み取れません。

HDDのヘッド(読取装置)部分と基盤の紐付けが出来ていない為です。

元の基盤から一部のチップを取り出し交換用の基盤に載せ替えます。

 

●取り出したチップ

 

●載せ替え後

 

チップ交換後、無事お客様のデータが確認出来ました。

データをHDDにコピー、専用ケースに収納し作業完了です。

 

 

Logitec LHD-EN3000U3WS

 

外付けHDDがパソコンにつないでも認識せず、データ取り出しの作業です。

 

電源をつなぎPCに接続すると、アクセスランプがオレンジ色に弱々しく点滅するのみ。

ディスク回転しておらず、認識ができませんでした。

 

外付けHDDを分解してHDDを取出し、直接データ復旧用のPCに接続したら、PCの電源が落ちました。

 

内部のヘッド不具合では無く、基盤の不具合と判断できます。

元HDD型番「Western Digital WD30EZRZ-00Z5HB0」

 

 

同じ型番のドナーHDDの基盤を元のHDDと交換します。

交換してもそのままでは使用ができない為、元基盤のBIOSチップと交換してからの取り付けです。

 

 

 

チップ交換後の基盤を、元HDDに取り付け。

HDDは正常に認識、中のデータも確認できる様になりました。

 

元HDDはそのまま使用することはできませんので、中のデータを代替のHDDに全てコピーしました。

復旧データ:2.43TB

ランダムに、画像、excel、word、音楽のファイルを開いてチェック。

 

代替HDDにデータを移し、ケースに収納。

今回はHDDを開封せずに、データ復旧完了です。

 

 

関連記事

BUFFALO ポータブル・外付けHDD データ復旧 失敗事例

  BUFFALOのポータブルHDD・外付けHDD・LinkStation NASでのデータ復旧が失敗、キャンセルされた事例です。 他社診断で「傷による損傷あり」との診断であっても、傷の箇所が外周部であったり、小さな傷であれば復旧の可能性はあります。お問い合わせください。 *大きなキズや円…続きを読む>>

 

               

症状やデータ復旧のご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

TEL. 03-6692-2734(10:00~19:00。水・日曜は定休日)