他店より高ければ相談ください。データ復旧修理専門店

I-ODATA 外付けHDD認識しない データ復旧

 

I-ODATA 製外付けHDDでのデータ復旧事例です。

 

 

I-ODATA HDPC-AU1.0LBR

 

 

福島県耶麻郡のお客様です。

外付けHDDを誤って落下させてしまったとのこと。

 

小さく 「ピピピピ…」と電子音が発生後、停止。

開封して確認。

HDD型番「SAMSUNG ST1000LM024」

 

プラッターの途中でヘッドが停止しています。

 

ヘッドを所定位置に戻し中、

プラッターを回転させると「ぎりぎり」音が発生。

目視ではプラッターに傷は見えませんが、微細な傷は不明。

 

データ復旧端末に接続、中のデータが見えるようになりました。

代替HDDにデータを抽出。

 

・復旧データ:521GB

 

ランダムにwordなどが開けるかチェック。

 

HDDを外付けケースに収納、データ復旧完了です。

 

 

I-ODATA HDCN-U1.0L XX5V007271RK

 

大阪府大阪市のお客様です。

 

外付けHDDがマイコンピュータに表示されない。

PCで「ディスクの管理」を開くと「不明」「初期化されておりません」と表示されてしまうとのこと。

電源を入れるが、反応せず。

 

ケースを分解して、中のHDD単体で確認すると、異音発生後、回転も止まる状態。

 

HDD型番「WesternDigital WD10EACS-00D6B0」

 

HDD単体で、復旧復旧ツールにてscanを試みるも、

ユーティリティ起動時にIDが読み込めないエラーのためヘッド交換を実施。

 

交換作業後も、IDが読み込めない状態。

ドナーHDDのヘッドが良くないと判断し、再度交換。

 

 

2回目の交換後、以下のデータを抽出。

総データ数は929GB。

ランダムにファイルを開いてチェック、問題なし。

 

ケースに収納、データ復旧完了です。

 

 

I-ODATA HDPS-U500K

 

長野県北安曇郡のお客様です。

外付けHDDをUSBでパソコンに繋いでも認識されないとのこと。

ケースに通電はしている模様。

「かちゃかちゃかちゃ」という小さな異音があり、すぐにモーターが止まってしまいます。

 

分解して、HDDを取り出し。

HDD型番「FUJITSU MJA2500BH」

 

ヘッドが、プラッターとヘッドが収まるステーのような所の間で停止していました。

ヘッドの位置を正常に戻してみるも、改善せず。

 

ドナーHDDのヘッドと交換。

元ヘッドはHd2の先端が折れ曲がり、めくれ上がっていました。

 

作業後、データ抽出できました。

総データ量は321 GB。

動画ファイルもランダムにチェック、破損もなし。

 

ケースに収納して、データ復旧完了です。

 

 

I-ODATA HDL2 LAN DISKHome/Twin

 

NASタイプの外付けHDD。

中にHDDが二つあり、別のクレードルで端末に接続。

二つともエクスプローラでは認識せず。

 

HDDはRAID構成になっているため、専用の復旧機器で復元を試みます。

 

 

データの復元には成功。

ディレクトリの構成がバラバラになっていたので修復。

 

修復したデータをHDDにコピー。

ケースに収納してデータ復旧完了です。

 

 

I-ODATA HDPS-U500(K)

 

HDPS-Uシリーズ

東京都荒川区のお客様です。

外付けHDDが起動せず、LEDも点灯しないとのこと。

接続すると、カッチャカッチャとシーク音がするだけでエラーとなり、処理が進みません。

 

在庫のHDDヘッドに交換します。

HDD型番「Western Digital WD5000BEVT-22ZAT0」

 

取り出したデータ確認したところ、破損ファイルが多く、SCANの履歴にもセクタ異常の箇所が見られました。

交換したものが不良の可能性が高いです。

 

再度、交換。

管理画面では、465.76GB RAW 表示で認識有り。

 

イメージscan実行するとツリーを展開まで完了。フォルダの確認ができました。

 

復旧データ容量は153GB。

ランダムにデータ開いても問題なし。破損ファイルもありません。

中古HDDにデータコピーし、ケースに収納。

データ復旧作業完了です。

 

 

I-ODATA HDPE-UT1.0

 

 

東京都港区の企業様です。PCで認識しないとのこと。

チェックツールにてエラーも出ているためか、読み出しも不良。

HDDの劣化が原因のようです。

 

時間がかかりましたが、すべてコピーできました。

復旧データ量は276GB。

ランダムにアクセスし、問題なし。データ復旧作業完了です。

 

 

I-ODATA HDCA-U2

 

データ復旧用PCに繫いでも電源が入らず、通電しません。

 

HDD型番「SAMSUNG HD204UI」

 

データ復旧用の端末PCに接続、HDD内のデータが確認できました。

 

DiskInfoにてステータス「正常」。
電源投入回数:392回
使用時間:218時間

ドライブ総合容量:255GB

画像データ、動画データ等が問題無く閲覧出来る事を確認。

 

別のHDDにコピー。

ランダムにWord、PDF、画像、動画が開ける事を確認。

 

HDDケースに収納してデータ復旧完了です。

 

 

I-ODATA HDPC-UT1.0BR

 

愛知県名古屋市のお客様です。

外付けHDDの電源が入らないとのこと。データ復旧を御希望です。

 

端末に接続しても、モーター回らず。

USBケーブルを代えても同様。

HDDを分解します。

モーターも回り、認識もデータアクセスも正常ですが元の基盤をつけるとモーター回らず。

外付けケースの不良と判断しました。

 

2.5inchケースに収納後、データ確認。

データ復旧作業完了です。

 

 

I-ODATA HDPC-UT1.0SE

 

東京都世田谷区のお客様です。

パソコンに接続しても、デスクトップにハードディスクのアイコンが表示されないとのこと。

 

パーティションまで見えるものの、エクスプローラーではドライブ名が割り当てられず、表示されません。

ケースおよびHDD単体でつないでも同じ症状。

HDD型番「TOSHIBA MQ01ABD100M」

 

スキャン開始。

ヘッドマップも構築OK。スムーズに進行しています。

 

HDDの故障ではなく、おそらくファイルシステムだけの故障か、

完全にフォーマットしているかのどちらかと想定されます。

 

ほぼエラーなしでスキャン完了。

ツリー表示でフォルダは多数ありますが、ファイルは1つも見えません。

 

データイメージにマウントしてR-studioでスキャン。

フォルダ内のデータが見られました。

 

データは1GBしかありませんが、フォルダ以下にはすべてファイルがあり、もともとこの状態の可能性が高いです。

 

また、元データはmacで使用されていたもののため、

macでも読めるフォーマットになっているか確認。

HDDに格納、データ復旧作業完了です。

 

 

I-ODATA HDCL-UT1.0K

 

 

大阪府守口市のお客様です。

PCに接続するも、認識されないとのこと。

AUTO状態でUSBを端末に差し込んでも、動作音が聞こえません。外付けケースを外し単体HDDにて試してみます。

 

WD10EZRX-00A8LB0

HDD型番「Western Digital WD10EZRX」

 

HDD単体では正常に認識しました。

ケースの不良と思われます。

HDD状態は「注意」、代替セクターが発生しています。

 

中古HDDへデータコピー開始。

データ容量:209GB

ランダムに動画、Exelファイル等を開いてチェック。

ケースに収納し、作業完了です。

 

 

I-ODATA M-SEALG

 

 

東京都世田谷区のお客様です。

パソコンに接続すると、認識されるまで10分以上時間掛かり、データも見られないとのこと。

HDDの回転は正常です。

HDD型番「SAMSUNG HN-M101MBB」
状態:注意
使用時間:2586
電源投入回数:19523

 

データ復旧ツールに接続、データにアクセスできました。

データを抽出します。

・抽出データ:約170G

 

ランダムにファイルを開き、チェック。問題ありません。

代替HDDにデータを保存、ケースに収納して作業完了です。

 

 

I-ODATA HDSP-U250

 

埼玉県富士見市のお客様です。

外付けHDDが認識しない、とのことでお持込いただきました。

 

異音がするので、開封して傷があるか確認します。

 

復旧用PCでも、AUTOおよび強制認識でもHDD型番表示されませんでした。

 

型番:MK255GSX
S/N:59DST3JTT
PHILIPPINES

 

プラッタに目に見える傷はありません。

ヘッド交換を実施。

交換後復旧用PCにかけましたが交換前と変わらなかったため、PCB基盤とチップを交換。

すると、正常にSCANできるようになりました。

 

データ取り出し完了。

復旧データ:15.31 GB ファイル数:5,990 フォルダ数:13

ランダムに画像、音楽、word、excelデータが開けることを確認。

 

作業完了です。

 

 

I-ODATA HDPC-UT500S

 

 

埼玉県熊谷市のお客様です。

端末接続すると認識はされますが、デバイスインストールに失敗。

HDD型番「SAMSUNG HN-M500MBB/JP2」

 

読み取り不可のため、ヘッド交換をします。

プラッタ不良の可能性高い。

何回か復旧ツールでの解析を繰り返し、データ書き出しに成功しました。

 

ただし元HDDの容量500GBに対して、15Gしかデータがありません。

うち10GBが音楽ファイル、5GBがユーザフォルダの撮影した画像です。

サムネイルもすべてみえる。5つ程度ひらいても正常に閲覧可能。

音楽も正常に再生できました。

取り出せたファイルリストをお客様に御確認いただきました。

 

外付けHDDにデータを移して、データ復旧完了です。

 

 

I-O DATA HDPC-UT1.0KE

 

 

京都府宇治市のお客様です。

PCで認識されなくなったとのこと。

メーカーでは修理時にデータ消去するとの回答、他社見積もりでは50万超と高額だったとのこと。

 

外付けケースのままでも、LED点灯・回転し、explorer上に認識はあるが、開けません。

分解して、HDDの状態でも同様です。

HDD型番「HGST CSK1000-1000 HCC541010A9E680」

管理で、認識されていたので、復旧ツールに接続し調査開始。

データ書き出しに成功しました。

 

復旧データ:606 GB

かなりの量の画像、動画、PDFファイルがあり、ランダムに開けるかチェック。

破損ファイルも無さそうです。

代替HDDにデータをコピーして、データ復旧完了です。

 

 

I-ODATA HDL-CE1.OS

 

東京都新宿区のお客様です。

突然データが見れなくなったとのこと。

接続しても認識しない。HDDからは異音なし。

 

HDD型番「Seagate ST1000DM003」

 

HDD取り出し、接続して5分ほどたったところで、「フォーマットしますか」の表示。

復旧ツールに接続してもエラーが頻発。

しばらく操作していると「キュッキュッ」と異音も発生。

Seagateのリカバリーツールを試してみるも失敗。

 

ヘッド交換のために開封すると、

プラッタ上に小さな傷、裏面にもうっすら傷がありました。

 

ヘッド交換後、データ復旧に成功。

復旧データ:9.62 GB
ファイル数: 17,833、フォルダー数: 3,552

ランダムに、画像、excel、word、PDFが開けることを確認済み。

 


容量が少ないので、在庫USBメモリへデータコピーして完了です。

 

 

 

I-ODATA HDPS-U500

 

 

埼玉県熊谷市のお客様です。

端末に接続すると、電源ランプは点灯、HDDは回転していません。

 

HDD型番「TOSHIBA MK5055GSX 」

 

分解しHDD取り出し、単体でも回転せず。

復旧ツールに接続しても通電しません。

 

PCB基盤不良と思われます。

ドナーHDDから基盤を取り出して作業します。

 

 

ドナーHDD基盤に、故障HDDのロムチップを移設。

元のHDD基盤には焦げたような跡がありました。

 

移設後、客先のHDDに組み込み。

問題なくデータは確認できました。

データ容量:418GB

 

中古のHDDにデータを写して、作業完了です。

 

I-ODATA HDL-CE1.0

 

 

東京都のお客様です。

症状:電源を入れても認識しない。異音がする。

HDDデータ復旧ご希望です。

 

 

HDD型番「Seagate ST31000524AS」

 

最初の接続時の駆動音は大きいですが正常に認識します。

ヘッドマップ構築もOK。

スムーズにスキャンします。

 

 

スキャン完了です。不良セクタが数十ありますが、テストで正常に開けます。

ワードやエクセルのデータがほとんどです。

中古HDD750GTに復旧ツールを使用して書き出し、

約440GTコピー完了しました。

簡易確認にて正常に開けたのでケースに収納して作業完了です。

 

EC-PHU3W1

 

東京都のお客様です。

症状:コネクタが完全に破損。起動確認はできない。

データ復旧をご希望です。

 

コネクタ部分が破損しています。

 

 

HDD型番「Western Digital WD10SPZX-22Z10T0」 1TB

回数1080回、使用時間:263時間

HDDは正常を確認し、新しいケースに収納。

作業を完了しました。

 

IO-DATA HDL-CE2.0

 

熊本県のお客様です。

外付けHDDがPCで認識されなくなったとのこと。

異音は無く、回転しますが認識されず、スキャンも開始できない状態。

ヘッド交換が必要です。

HDD型番:「Seagate  ST2000DM001」

 

約864Gをフォルダから確認済み。

 

新品1TのHDDケースにコピーします。

864gコピー完了、エクセル、画像も正常に開けることを確認しました。

データ復旧完了です。

関連記事

GW2.5SC-SU2 HDDデータ復旧

外付けHDDのデータ復旧事例集です。 落下による衝撃やコネクタ部やケースの基盤故障でアクセスできないことが多いです。     GW2.5SC-SU2     外付けHDDを繋げば電源が付くものの認識がされない状態です。 愛媛県松山市からのご依頼。  …続きを読む>>

HP データ復旧

HP製パソコンのデータ復旧事例です。     HP DV5-1229TX   パソコンに繋いでもコンピュータ画面で表示されません。 データ復旧のご依頼。   状態を確認すると ディスク管理では”初期化されていません。 未割り当て298.09GB”と表示されて …続きを読む>>

 

               

症状やデータ復旧のご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

TEL. 03-6692-2734(10:00~19:00。水・日曜は定休日)