他店より高ければ相談ください。データ復旧修理専門店

IODATA 外付けHDD認識しない データ復旧

 

IODATA 製外付けHDDでのデータ復旧事例です。

 

 

IODATA HDPC-AU1.0LBR

 

外付けHDDを誤って落下させてしまったとのこと。

小さく 「ピピピピ…」と電子音が発生後、停止します。

 

HDD型番 SAMSUNG ST1000LM024

 

プラッターの途中でヘッドが停止しています。

 

ヘッドを所定位置に戻し中、

プラッターを回転させると「ぎりぎり」音が発生。

ディスク(プラッター)にもヘッドにも損傷は見当たりません。

 

復旧ツールにて回復。

 

無事お客様のデータが確認出来ました。

 

 

 

IODATA HDCN-U1.0L XX5V007271RK

 

外付けHDDが認識されません。

PCで「ディスクの管理」を開くと「不明」「初期化されておりません」と表示されます。

電源を入れても反応もありません。

 

中のHDD単体で確認すると、異音発生後、回転も止まってしまいます。

 

HDD型番 WD WD10EACS-00D6B0

 

HDD単体で、復旧ツールにてscanを試みるも、

ユーティリティ起動時にIDが読み込めないエラーのためヘッド交換を実施します。

 

交換作業後も、IDが読み込めない状態。

ドナーHDDのヘッドが良くないと判断し、再度交換。

 

 

2回目の交換後、以下のデータを抽出。

 

データ: 929GB を復旧できました。

 

 

IODATA HDPS-U500K

 

外付けHDDをUSBでパソコンに繋いでも認識されないとのこと。

ケースに通電はしている模様。

「かちゃかちゃかちゃ」という小さな異音があり、すぐにモーターが止まってしまいます。

 

HDD型番 FUJITSU MJA2500BH

 

ヘッドが、プラッターとヘッドが収まるステーのような所の間で停止していました。

ヘッドの位置を正常に戻してみるも、改善せず。

 

ドナーHDDのヘッドと交換。

 

データ:321GB を復旧できました。

 

 

IODATA HDL2 LAN DISKHome/Twin

 

NASタイプの外付けHDD。

中にHDDが二つあり、別のクレードルで端末に接続。

二つともエクスプローラでは認識しません。

 

HDDはRAID構成になっているため、専用の復旧機器で復元を試みます。

 

 

データの復元には成功。

ディレクトリの構成がバラバラになっていたので修復します。

 

無事お客様のデータが確認出来ました。

 

 

IODATA HDPS-U500(K)

 

HDPS-Uシリーズ

 

外付けHDDが起動せず、LEDも点灯しないとのこと。

接続すると、カッチャカッチャとシーク音がするだけでエラーとなり、処理が進みません。

 

HDD型番 WD WD5000BEVT-22ZAT0

 

ヘッド交換を実施します。

取り出したデータ確認したところ破損ファイルが多く

SCANの履歴にもセクタ異常の箇所が見られました。

交換したものが不良の可能性が高いです。

 

再度、交換。

管理画面では、465.76GB RAW 表示で認識有り。

イメージscan実行するとツリーを展開まで完了。

 

データ:153GB を復旧できました。

 

 

IODATA HDPE-UT1.0

 

PCで認識しません。

チェックツールにてエラーも出ているためか、読み出しも不良。

復旧ツールにて回復しました。

 

データ:276GB を復旧できました。

 

 

IODATA HDCA-U2

 

データ復旧用PCに繫いでも電源が入らず、通電しません。

 

HDD型番 SAMSUNG HD204UI

 

データ復旧用の端末PCに接続、

HDD内のデータが確認できました。

 

データ:255GB を復旧できました。

 

 

IODATA HDPC-UT1.0BR

 

外付けHDDの電源が入らないとのこと。

 

端末に接続してもモーターが回りません。

USBケーブルを代えても同様です。

外付けケースの不良と判断しました。

 

2.5inchケースに収納後、データ確認。

無事お客様のデータが確認出来ました。

 

 

IODATA HDPC-UT1.0SE

 

パソコンに接続しても、デスクトップにハードディスクのアイコンが表示されません。

 

パーティションまで見えるものの、エクスプローラーではドライブ名が割り当てられず、表示されません。

ケースおよびHDD単体でつないでも同じ症状。

HDD型番 TOSHIBA MQ01ABD100M

 

スキャン開始。

ヘッドマップも構築OK。スムーズに進行しています。

HDDの故障ではなく、おそらくファイルシステムだけの故障か、

完全にフォーマットしているかのどちらかと想定されます。

 

ほぼエラーなしでスキャン完了。

フォルダ内のデータが見られました。

 

データは1GBしかありませんが、フォルダ以下にはすべてファイルがあり

もともとこの状態の可能性が高いことから作業完了とします。

 

 

 

IODATA HDCL-UT1.0K

 

PCに接続するも、認識されません。

AUTO状態でUSBを端末に差し込んでも、動作音が聞こえません。

 

WD10EZRX-00A8LB0

HDD型番 WD WD10EZRX

 

HDD単体では正常に認識しました。

ケースの不良と思われます。

 

データ: 209GB を復旧できました。

 

 

IODATA M-SEALG

 

パソコンに接続すると、認識されるまで10分以上時間掛かり、データも見られません。

HDDの回転は正常です。

 

HDD型番 SAMSUNG HN-M101MBB

復旧ツールにて回復。

データ: 170GB を復旧できました。

 

 

IODATA HDSP-U250

 

外付けHDDが認識しません。

 

異音がするので、開封して傷があるか確認します。

 

復旧用PCでも、AUTOおよび強制認識でもHDD型番表示されませんでした。

 

HDD型番 TOSHIBA MK255GSX

 

プラッタに目に見える傷はありません。

ヘッド交換を実施。

交換後復旧用PCにかけましたが交換前と変わらなかったため、PCB基盤とチップを交換。

 

チップ交換後、15.31 GBのデータを復旧できました。

 

 

IODATA HDPC-UT500S

 

端末接続すると認識はされますが、デバイスインストールに失敗。

 

HDD型番 SAMSUNG HN-M500MBB/JP2

 

読み取り不可のため、ヘッド交換をします。

プラッタ不良の可能性高いです。

何回か復旧ツールでの解析を繰り返し、

無事お客様のデータが確認出来ました。

 

 

I-O DATA HDPC-UT1.0KE

 

PCで認識されなくなりました。

 

外付けケースのままでも、LED点灯・回転し、explorer上に認識はあっても開けません。

分解して、HDDの状態でも同様です。

HDD型番 HGST CSK1000-1000 HCC541010A9E680

 

復旧ツールにて回復。

データ:606GB を復旧できました。

 

 

 

IODATA HDL-CE1.OS

 

突然データが見れなくなったとのこと。

接続しても認識しません。

 

HDD型番 Seagate ST1000DM003

 

HDD取り出し、接続して5分ほどたったところで、「フォーマットしますか」の表示。

復旧ツールに接続してもエラーが頻発。

しばらく操作していると「キュッキュッ」と異音も発生。

Seagateのリカバリーツールを試してみるも失敗。

 

ヘッド交換のために開封すると、

プラッタ上に小さな傷、裏面にもうっすら傷がありました。

 

ヘッド交換後、データ復旧に成功。

データ:9.62GB ファイル数: 17,833、フォルダー数: 3,552を復旧できました。

 

 

IODATA HDPS-U500

 

端末に接続すると、電源ランプは点灯、HDDは回転していません。

 

HDD型番 TOSHIBA MK5055GSX

 

分解しHDD取り出し、単体でも回転せず。

復旧ツールに接続しても通電しません。

 

PCB基盤不良と思われます。

ドナーHDDから基盤を取り出して作業します。

 

 

ドナーHDD基盤に、故障HDDのロムチップを移設。

元のデータ基盤には焦げたような跡がありました。

移設後、客先のHDDに組み込みます。

 

データ:418GB を復旧できました。

 

 

ODATA HDL-CE1.0

 

電源を入れても認識しない。異音がする。

HDDデータ復旧ご希望です。

 

HDD型番 Seagate ST31000524AS

 

最初の接続時の駆動音は大きいですが正常に認識します。

ヘッドマップ構築もOK。

スムーズにスキャンします。

 

スキャン完了。不良セクタが数十ありますが、テストで正常に開けます。

 

データ:440GB を復旧できました。

 

 

EC-PHU3W1

コネクタが破損し、起動できない。

 

 

HDD型番 WD WD10SPZX-22Z10T0

 

HDDを取り出し、ケースに収納します。

無事お客様のデータが確認出来ました。

 

 

IO-DATA HDL-CE2.0

 

外付けHDDがPCで認識されなくなったとのこと。

異音は無く、回転しますが認識されず、スキャンも開始できない状態。

ヘッド交換が必要です。

 

HDD型番 Seagate  ST2000DM001

 

ヘッド交換後、データ:864GB を復旧できました。

 

IODATA HDC-U160

PCデポから戻ってきた、外付けハードディスクは分解されたままの状態です。

分解して部品ごとに梱包された状態でした。

 

HDDをチェックすると回転もしない状態です。

 

 

HDD型番 SAMSUNGSP1604N

 

基盤の不良でした。

PCB:BF41-00091A

 

無事お客様のデータが確認し、復旧容量は全体で70GBでした。

 

*ファイル保存の構造上、データ量の多い動画ファイルは破損ファイルとなることがあります。破損データとなっている場合、画質が乱れたり再生ができません。ファイルの容量としては正常に表示されていることがあるため破損状況は実際にファイルを開かないと判断ができません。

 

 

I-O DATA HDPC-U320BR

 

認識はしますが中身は見れず異音もします。

パラメーターが違うので開けません。

利用するにはフォーマットしてくださいという表示が出ます。

 

一定の異音の音がリトライされます。

分解してHDDを取り出します。

HDD型番  TOSHIBA MK3259GSX

HDD単体でも同じ症状です。

 

復旧ツールでスキャンします。

HDDをスムーズに認識、テスト書き出しにて写真は

すべて見えることが確認できたので別のHDDに書き出します。

 

データ:101.20GB ファイル数: 13331、フォルダー数: 255を復旧で完了。

 

 

IO-DATA HDCR-U2.0E

 

HDD認識しますが、ドライブが表示されません。回転は正常です。

HDDデータの復旧をご希望です。

 

HDD型番 SAMSUNG HD204UI

 

ツールを使用してスキャンするも、元のデータに違和感があります。

書き出しもできたのですが、安全のため再度スキャンを行います。

 

スキャン完了、テスト書き出しも正常です。

データ:2.5TBを復旧できました。

 

 

 

IO-DATA HDCR-U1.0E

 

電源は入り、ドライバーも表示されます読み込み中のままデータにアクセスできない状態。

データ復旧をご希望です。

 

HDD型番 Seagate ST31000520AS

 

 

ツールを使用してスキャンを実施します。

headマップを構築しない状態でスキャンしてみましたが、

順調なのは最初の5分程度であとはうまく進まず

この状態からヘッドマップ構築はエラーで実行できません。

HDDを取り外し、ポートを繋いで再度読み込みを実施します。

 

ヘッドマップ構築はしない状態で、サイズを小さくするとスムーズに進行している様です。

復旧ツールで何度もスキャンしてフォルダツリーが見える状態になりました。

 

itunes:41.9 GBファイル数: 3,936、フォルダー数: 486

picture:4.17 GBファイル数: 620、フォルダー数: 22

写真:1.35 GBファイル数: 539、フォルダー数: 3 のデータを復旧しました。

 

 

 

IODATA HDPC-U320K

 

 

HDDをパソコンに接続しても、認識されず回転音も何の音もありません。

データ復旧をご希望です。

 

HDD型番 TOSHIBA MK3263GSX

検査するとPCB基盤不良とBIOSチップ故障だと確認し、

PCB基盤とBIOSチップを交換しました。

チップ交換後、無事お客様のデータが確認出来ました。

 

 

IO-DATA HDPC-UT500K

 

認識しな状態です。

データの復旧をご希望です。

 

HDD型番 SAMSUNG ST500LM012

 

HDD単体接続だとモーターが回転せず、「プ、プ、プ」の音がします。

開封すると、プラッターの中央部にヘッドが吸着しています。

復旧ツールを使用して確認すると、ガチガチと音がし、HDDを認識しません。

ヘッド交換をしても回転せず、音もするため基盤不良の可能性を考えます。

 

BIOSチップ交換を実施しますが、やはり回転せず、「プ、プ、プ」の音がします。

元のデータに正常なHDDの基盤と元チップを取付けスキャンします。

データ:104GB ファイル数: 215052、フォルダー数:6923を復旧できました。

 

 

IO-DATA HDCL-UTE3K

 

PCで読込みしません。

データの復旧をご希望です。

 

HDD型番 WESTERN DEGITAL WD30EZRX

 

お客様の申告では電源が入るが認識されないとのことでしたが、

電源は入らず、LEDも付かない状態です。

復旧ツールを使ってもHDDを認識せず、PCから警告音がなりました。

 

基盤とBIOSチップを交換します。

データ: 181GB を復旧できました。

 

 

HDCA-U2.0CW

 

認識せず小さな異音がします。

 

HDD型番 SEAGATE ST2000DL001

 

復旧ツールで認識し、ヘッドマップも正常に構築しています。

異音もなく、スムーズにヘッドの読み取りが進行したので

スキャンを開始します。

セクタ不良は約800、その他は正常です。

 

データ:160GB を復旧できました。

 

 

EX-HD3CZ

 

パソコンにつないで認識はしますが中が表示されません。

HDDが回転していません。

 

HDD型番 SAMSUNG WD30EZRZ-22Z5HB0

 

チップ交換で認識しました。

 

データ:625 GB ファイル数:4767、フォルダー数: 253を復旧できました。

 

 

HDPT-UT1K

 

外付けHDDは認識はしますが、アクセスができず

モーターは回転してもRAW表示で中が見えません。

 

HDD型番 MQ01ABD100M

 

復旧ツールでスキャンし、エクセルデータ等確認できました。

約150GBのデータをコピーして完了です。

 

 

IODATA EC-PHU3W1

 

落下によるポータブルHDDコネクタ破損で修理依頼です。

 

コネクタが完全に取れています。

 

HDD型番 TOSHIBA MQ01ABD100M

 

HDDを取出し、macのフォーマットになっているか確認後、

ケースに収納しました。

 

 

HDPC-UT1.0BR

 

電源ランプは点くが認識しない、との申告です。

 

 

確認すると、認識されず、プップップッと異音発生し、回転しません。

開封するとプロッタの端でヘッドが止まっていました。

ヘッドもしくはプラッタの状態が非常に悪く、ヘッド交換が必要になってきます。

 

お客様に確認したところ、費用が高額になることからキャンセルとなりました。

 

 

IODATA HDCN-U640

 

電源も入り、パソコンに繋ぐと認識はしますが、デバイスアイコンの容量が表示されません。

 

HDD型番 WDC WD6400AAKS-00A7B2

 

電源を入れると若干の異音がします。

パーティションの認識もされますがデータは何もみえません。

アクセスに砂時計が続いて操作不可、取り外す時にフォーマットしますかの表示。

 

スキャン完了後、データ: 562GB を復旧できました。

 

 

I-O DATA HDCR-U1.5

 

PCのUSBに接続しても認識できなくなりました。

HDD型番 WesternDigital WD15EADS-00P8B0

 

大きな異音がします。

 

 

復旧ツールにて回復。

復旧容量は全体で592GBでした。

 

 

HDCS-U.0R2 X5TV089129HK

 

落下させたら接続部分が変形して認識しなくなりました。

 

HDD型番 WesternDigital WD10EADS-00M2B0

 

中のデータは問題なく確認でき、

別のHDDにコピーして作業完了です。

 

 

 

IODATE HDPT-UT2DK

 

 

 

USBケーブル接続部分の外付HDD側の端子が抜けてしまいました。

データの取り出しを希望しています。

 

HDD型番 TOSHIBA MQ03ABB200

 

コネクタ部分は損傷していますが、

無事お客様のデータが確認出来ました。

 

IODATA HDUS-1.0S

 

認識するものの、ファイル読み込みが終わらず、

データにたどり着けないとのこと。

 

HDD型番 Seagate ST1000LM024」

 

復旧ツールにて回復。

データ:45.5 GB を復旧できました。

 

 

IODATA EC-PHU3W2D

 

ケーブルのコネクタが取れてしましました。

 

HDD型番 TOSHIBA MQ03ABB200

 

HDDを取り出し、直接PCに接続しチェックすると正常な状態です。

15mmタイプと特殊なサイズですが、2.5インチケースに収納。

無事お客様のデータが確認出来ました。

 

 

IODATA HDCS-U1.0

 

落下により電源が入らなくなりました。

 

ケースから取り出し、PCにつなぐも認識されません。

HDD型番 Westerln WD10EADS

 

基盤交換し記憶チップの修復をします。

記憶チップの取得後、データ:13GB を復旧できました。

 

 

IODATA HDE-U2.0J

 

認識されない時がある。

 

HDD型番 Seagate ST2000DL001

 

復旧ツールにて回復。

無事お客様のデータを確認出来ました。

 

IODATA HDPH-UT2DK

 

 

外付けハードディスクのコネクタ部が取れ、

読み込めないのでデータ復旧をご希望です。

 

HDD型番 TOSHIBA MQ03ABB200

 

コネクタ部分が完全に破損していましたが

約187GBのデータをコピーできました。

 

関連記事

東芝 外付け・ポータブルHDD データ復旧失敗事例

東芝の外付けハードディスクでデータ復旧失敗、キャンセルになった事例です。   東芝 HD-EB20TK 他社からの乗り換えで依頼いただきました。 他社診断のシールがそのまま張り付けられています。   新しいHDDとして認識されてしまう表示が画面に出てしまう。録画が見られない状態で…続きを読む>>

Seagateの外付けHDDで使用されているHDD

Seagateの外付けHDDは比較的、安価に販売されています。 seagateのHDDは故障の確率が高いです。   出荷台数が多いため、利用される方も多いとは思いますがSeagateのHDDは避けた方が望ましいと考えております。   *参考記事 ・故障率が高いHDDモデル(201…続きを読む>>

Western Digital HDDデータ復旧

  Western Digital製のHDD故障で、データ復旧を行った事例です。   WesternDigital My Passport for Mac WDBJBS0010BSL     机ぐらいの高さから落下、パソコンに認識されなくなってしまったとのこと…続きを読む>>

症状やデータ復旧のご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

TEL. 03-6692-2734(10:00~19:00。水・日曜は定休日)