他店より高ければ相談ください。データ復旧修理専門店

玄人志向 外付けHDD GW2.5CR-U3 データ復旧

 

玄人志向製外付けHDDのデータ復旧事例です。

 

玄人志向 GW2.5CR-U3

 

 

外付けHDDを稼働中に落としてしまい、再度接続すると、メディアが認識せずビープ音がします。

 

それが、当社のサイトに掲載されている「HDDから異音 サンプル音声」と同じだったということでお持込されました。

端末に繫ぐと、申告どおりビープ音が鳴ります。認識はされていない様子。

外付けHDDケースの電源ランプも点いていません。

 

分解してみると、ヘッドがグチャグチャになり、ディスクの上で止まっています。

ヘッド交換が必要です。

 

HDD型番 Seagate ST1000LM024

ドナーHDDとヘッド交換を実施。

交換後、復旧ツールでチェック。

目視ではプラッターに傷は見えなかったが、元ヘッドがぐちゃぐちゃだったため、傷があるかもしれません。

 

なんとかscan完了し、サンプルdoc、動画を再生することができました。

が、書き出されたデータ容量は124GB。少なすぎます。

 

確認してみると、元ヘッドがめくれ上がっていたため、プラッターに傷が有る可能性があります。

ヘッドマップ構築ができないのでHDD認識のユーティリティ起動ができません。

 

その後、無事データを復旧できました。

復旧データ容量:378 GB ファイル数: 423,310、フォルダー数: 18,650

 

 

 

 

関連記事

SONYのパソコンデータ復旧

  SONYのパソコンでデータ復旧、データの取り出しの事例です。     SONY VGN-NS92JS   電源を入れると「operation system not found」が表示されるとのこと。 HDDを取り出します。 HDD型番「HITACHI HT…続きを読む>>

?

? ? ? ? ? ? ? ?

症状やデータ復旧のご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

TEL. 03-6388-0264(10:00~19:00。水・日曜は定休日)