他店より高ければ相談ください。データ復旧修理専門店

BUFFALO ポータブル・外付けHDD データ復旧 失敗事例

 

BUFFALOのポータブルHDD・外付けHDD・LinkStation NASでのデータ復旧が失敗、キャンセルされた事例です。

他社診断で「傷による損傷あり」との診断であっても、傷の箇所が外周部であったり、小さな傷であれば復旧の可能性はあります。お問い合わせください。

*大きなキズや円盤の中央部に付いている場合は、復旧できません。あらかじめご了承下さい。

 

 

BUFFALO HD-CL1.5 TU2

 

 

外付けHDD内のデータが空になっていて見られないとのこと。

 

接続するとデバイスインストールが始まるも途中で失敗。

HDDからは「ガチガチ」と大きな異音が聞こえます。

ヘッド交換が必要と思われます。

 

HDD型番 SAMSUNG HD154UI/JP1

 

ヘッド交換とデータ復旧が必要とご報告。

今回は予算オーバーとのことで未修理返却となりました。

 

 

BUFFALO HD-LC3.0U3/N

 

電源ONから10秒程度で回転が停止。

復旧機器を使用してもエラーで進まず、回転が止まるので、物理故障でほぼ間違いありません。

 

HDD型番 Seagate ST3000DM001

 

中のディスクに大きな傷が入っていました。

*中心部に丸いキズ

 

このように大きな傷の場合は修復は不可能です。

復旧不可としてお客様に報告。ご希望により廃棄処分となりました。

 

 

BUFFALO HD-LB2.0TU3J

 

反応しなくなったので、データを取り出したいとのこと。

 

マルチアダプターを使用しても電源が入らず。

HDD本体を取り出し、端末に接続。

モーターが途中で停止してしまいます。

手動でタスク作成を試みるも、イメージファイルを作成前に、エラーが発生し停止。

 

スクラッチの異音とモーターの回転が止まる場合は、残念ながら復旧はできません。

 

 

BUFFALO HD-PCT500U2-BKJ

 

IMG_1478

 

電源は入りアクセスランプはつきますが、カタカタと異音が発生。

 

データ復旧用のPCに接続してみましたが、「カッシャン、カッシャン」の音ばかりで、DISKの管理画面からも全く認識が出来ません。

IMG_1480

HDD型番 TOSHIBA MK5059GSXP

 

モーターは回っているので、ヘッド部分の不具合と判断します。

 

ヘッドを何度か交換しても、状態が酷く、修復不可。

img_0485

img_0278

重度な物理故障です。残念ながらデータ復旧不可、お戻しとなりました。

 

 

BUFFALO LS-VL2.0TLJ

 

ls-vl2-0tlj

接続するとデバイスとして認識はされますが、パーティションは見えません。

 

wd20earx

HDD型番 WD WD20EARX

 

データ復旧機器に接続。

img_0207

HDDのIDは読み取れるようです。

しかし、データを読み込むことができません。

 

ディスクに大きなキズがありました。ディスクの交換は出来ないため、データ復旧不可です。

 

 

BUFFALO HD-CL1.0TU2

 

hd-cl1-0tu2

 

データにアクセスできず、読み出せないとのこと。

 

データ復旧の機器に接続しても、データは読み出せません。

HDDからは異音もしています。

 

内部部品を交換しましたが、それでも改善は見られません。復旧不可と判断しました。

 

 

BUFFALO HD-LS2.0TU2D

 

 

5年ほど使用、突然操作不能になったとのこと。

ケーブルを交換して試しても状況は変わらず。

 

端末に接続すると、スムーズに異音なく回転していますが、認識されません。

 

復旧作業が必要な旨をお伝えしたところ、修理キャンセルとなりました。

 

 

BUFFALO HD-LC3.0U3/N

 

内部データアクセス時にヘッド移動音がなり、PC再起動時に認識しなかったので取り外した、とのこと。

 

HDD型番 Seagate ST3000DM001

 

電源を入れると、2回ヘッドが動いて回転が停止。

プラッタ部にキズがついていると、このような症状となることが多いです。

 

HDDの状態チェックを行っても「BSY」から進みません。

開封すると目視でも確認できるキズがあります。ヘッド交換しても復旧不可。お客様に返送いたしました。

 

 

BUFFALO HD-PNF500U3-BC

 

PCに接続しても中身が確認できず、ディスク管理にて何も表示されません。

 

データ復旧が必要な状況をお伝えすると、修理キャンセルとなりました。

 

 

BUFFALO HD-PV320U2-BK

 

「チッチッチ」という異音あり、認識されず。

 

HDD型番 SAMSUNG HM321HI

 

ヘッド交換を行っても認識されず「BSY」から進みません。

別の同型番(異音ありHDD)にヘッドを取り付けると、

正常にデータの読み取りができます。

 

PCB基盤にも異常が見あたらず、ヘッドも正常です。

プラッタ部にもキズは目視できないものの、プラッタの不良と診断となり修理不可。ご返却しました。

 

 

BUFFALO HD-PHS80U2/UCBK

 

ハードディスクが読み込めない状態。

HDDからカチンカチンと大きな異音が発生しています。

 

HDD型番 SAMSUNG MP0804H

 

ヘッド交換しても、認識されません。

複数回ヘッド交換・円盤のクリーニングを実施しても状況は変わらず。

プラッタの不良のため復旧不可と判断しました。

 

 

BUFFALO HD-LX6.0U3D

 

30cmぐらいの高さから落としてしまったとのこと。

HDDよりジージーと異音がし、端末に接続しても認識せず。

 

HDD型番 TOSHIBA MD04ACA600

ヘッドの先端がグチャグチャになっており、

ディスクにはキズが多数確認出来ました。

 

データ復旧不可、お客様にご返送しました。

 

 

BUFFALO LS-VL2.0TLJ

 

ls-vl2-0tlj

外付けHDDに接続できないとのこと。通電すると異音もあります。

 

中のHDDをデータ復旧機器に接続しますが、認識されません。

HDD基盤と内部部品を交換しましたが、症状改善されませんでした。

残念ながら、修理不可となります。

 

 

BUFFALO LS410D0201

 

img_0309

電源を投入すると、電源指示ランプ赤点滅し続けます。

円盤の回転音が聞こえ、異音はありません。

 

img_0303a

HDD型番 Seagate ST2000DM001

 

中のHDDを取り出して確認すると、

途中で「ジージー」と異音がした後、回転が停止。

 

復旧用PCにて、イメージscanを実施。

「ぐっ」と音がしてモーターが回転し、途中で「ジージー」と異音を発した後、停止。

手動でID読み取りをさせても状態マップは「真っ黒」で推移して、停止。

 

同じ型番のHDDを使って部品の交換作業を行いましたが、

認識できるまでには復旧せず。

データ復旧不可と判断しました。

 

 

BUFFALO HD-LC2.0U3/N

カッチャカッチャと音がするだけで認識されない状態。

 

HDD型番 TOSHIBA DT01ACA200

 

HDDに直接アクセス、チェックを行っても異音は変わらず。

ケースの問題ではありません。

 

復旧作業が必要とご報告すると、修理キャンセルとなりました。

 

 

BUFFALO Seagate ST3500413AS

 

「フォーマットしますか?」と表示にて中のデータを見る事が出来きません。

状態確認しようとすると、フリーズしてしまいます。

 

データ復旧が必要とご報告。

お客様キャンセルのため、ご返却しました。

 

 

Buffalo ministation3.0 HD-PCT1TU3-BB

 

HDDとケーブルの間のコネクタ部が破損して接続できない、とのこと。

 

分解してHDDのみを取り出して確認します。

 

HDD型番 Seagate ST1000LM024

 

「フォーマットしますか?」表示後キャンセルを押すと、「場所が利用できません。」と表示されます。

この外付けHDDは特殊コネクタのため、接続不良が多いようです。

 

 

HDDは正常と判断、基盤のチップ単体の修理を実施。

中のデータも確認できました。

 

基盤にコネクタを取り付けてみます。

接続すると認識はしますが、「フォーマットしますか」の表示となり、補修前から改善されていません。

 

データの取り出しのため、復旧ツールでSCANを行います。4時間でスキャン完了。

 

エクスプローラーで中身を見ても、何もファイルが出てきません。データは確認できず、全てRAWデータです。

 

コネクタを交換しても症状に変化はありませんでした。

HDDの認識までは可能(基盤は正常)ですが、内部がなんらかの不良のようです。

 

お客様にご報告、作業はキャンセルとなりました。

 

 

BUFFALO HD-CL500U2

 

電源は入り、モーター音はしますが、いつまで経っても、データの確認ができません。

 

HDD型番 WD WD5000AAKS

 

HDDを開封についてお客様に確認させて頂いたところ、修理キャンセルとなりました。

 

 

BUFFALO HD-LC2.0U3-BKD

 

誤ってHDDを蹴ってしまい、動作しなくなったとのこと。

 

BUFFALO HD-LC2.0U3-BKF

 

ケースに入れたままだと、電源も入らず。

HDDを取り出して接続すると、小さくカチカチ音がします。

 

HDD型番 TOSHIBA DT01ACA200

 

ヘッド交換が必要とご報告。修理はキャンセルとなりました。

 

 

BUFFALO HD-CL1.0TU2

 

 

ハードディスクが認識しないとのこと。特に落としたりしていないが、急にカチカチ異音がするようになったそうです。

 

復旧ツールにつないでも自動認識せず、手動でもできません。

そして最初から大きなヘッドカチカチ音。まずはヘッド交換が必要です。

 

HDD型番 Seagate ST31000520AS

 

ヘッド交換を実施。

ヘッドは外に収まっている物では無く、

中心部のプラッター上に収まっているタイプ。

 

元HDDのプラッターに中央部と、ちょうど真ん中辺りに1mm幅の同心円で、艶消しの部分有り。

あまりにも綺麗にできあがっているので、何かプラッターを分割している部分かと思われるほどです。

これだけプラッターが削れていると、ヘッドを交換しても意味がありません。

残念ながら復旧不可です。

 

 

BUFFALO HD-LC3.0U3-BKD

 

 

外付けHDDが認識されなくなったとのこと。

 

電源を入れると、モーターは回りますが、少しすると異音と共に停止。

 

↓HDDの異音

 

 

HDD型番 Seagate ST3000DM001

 

復旧用PCに繋いでも、認識まではできますが、先に進まず。

ヘッド交換が必要です。

お客様にご報告すると、修理キャンセルとなりました。

 

 

BUFFALO Model HD-LCU3 Series

 

ハードディスク内の情報が見られなくなったとのこと。

 

復旧ツールにつないでもHDD型番を認識しません。

手動モードで認識させようとしても同様です。

 

HDD型番 Seagate ST2000DM001

 

内蔵されていたのは、Seagate製HDD。

ヘッドが基盤に損傷を与えてしまい、復旧できないことも多い難易度が高いモデルです。

復旧できたとしても修理費用が高額になることから、キャンセルとなりました。

 

 

BUFFALO HD-LCU3

 

 

HDDのモータは回転しているが認識がされない状態。

 

HDD型番 Seagate ST3000DM001

 

複数のヘッド交換を行っても改善されません。

目視で確認できるキズはないものの、下のほうにある可能性があります。

今回は修理不可として、ご返却となりました。

 

 

 

BUFFALO HD-LS1.OTU2C

 

 

HDDを落としてしまい、認識できなくなってしまったとのこと。

 

HDD型番 TOSHIBA DT01ACA100

 

見てみると、外側に破損はないが回転せず。電源も入りません。

スキャンも出来ず、落下の影響と思われる異音も確認できます。

 

 

記憶面の傷がきっかけでヘッドが故障していた場合は、ヘッド交換だけでは改善されません。

その場合は、ヘッド交換だけでなく記憶面の修復も必要になり、費用も更に高額となってしまいます。

 

今回はお客様のご希望により、修理は行わずご返却となりました。

 

 

BUFFALO HD-CL2.0TU2/N

 

PCにUSBでつないでも、ランプが点滅せず、認識しない状況。

 

外装の破損はなく、カタカタという異音があります。

 

ヘッド交換が必要な事例です。

 

HDD型番 HITACHI HDS723020BLA642

 

HDDを開封してみますが、プラッターの傷は目視できません。

ドナーHDDを使い、ヘッド交換を実施。

 

交換後、検証PCに接続してみますが、モーターは回るが全く認識できず「BSY」から進みません。

かなり小さな異音もあります。

再度開封してねじの締め直しなどを試してみるも、状況は変わりません。これ以上の復旧は不可と判断し、未修理にて返却となりました。

 

 

BUFFALO LB2.0TU3J

 

USB差し込み口破損。折れてしまい反応しないとのこと。

 

HDD型番 Seagate ST2000DM001

 

症状確認でHDDからと異音あり。

異音から判断するとプラッタ面に傷(スクラッチ)が発生していると判断しました。

通常はヘッド交換だけで対応ができることがほとんどですが、

ヘッド交換&プラッタ修復が必須となる作業です。

 

復旧できる確率は高くなく修理費用が高額になることから、キャンセルとなりました。

 

 

BUFFALO HDT-AVU3/V

 

 

HDDが読めなくなったとのこと。

 

端末接続すると「フォーマットしますか」表示。

ドライブは2つあるがどちらも「RAWフォーマット」になっている。

 

検証PCに接続してスキャンを開始。

スキャンは完了し、顧客作成のファイルは見えるが、rawファイルの構成で中身が見えません。

暗号化されているようです。

 

お客様に確認すると、テレビに接続して録画に使用していたとのこと。

テレビのデータについては、読み取りができません。

 

残念ながら、修理不可としてご返却となりました。

 

BUFFALO HD-250U2

 

外付けHDDをパソコンに接続すると、フォーマットして下さい。と表示されます。

認識して円盤回転はしても中身は見られません。

HDDデータの復旧をご希望です。

 

 

HDD型番 WD WD2500BB-00RDA0

 

復旧ツールを使用してスキャンします。

ヘッドマップは構築正常です。

 

0.02%程度の不良セクタがあります。

音楽、画像、動画データ等ランダムに確認した範囲で正常に表示され開くことができましたが、

エラーのためコピーができませんでした。

HDD内部がなんらかの不良となっている様です。

 

復旧費用とお客様のご予算が合わず今回はキャンセルとなりました。

 

 

BAFFALO HD-LC3.0U3

 

 

HDDを落下させ、PCに認識されないとのこと。

 

確認すると、コンピュータ管理から見ると「初期化されていない」と表示され、

HDDの状態認識がスキャンも開始できない状態です。

 

HDD型番 TOSHIBA DT01ACA300

 

落下原因の故障で記憶面の傷がきっかけで、ヘッドが故障していた場合は、

ヘッド交換が必要となります。

 

復旧できる確率は高くなく、修理費用が高額になることから、

お客様の希望で、修理はせずに引き取り処分となりました。

 

 

BUFFALO LS-VL500L

 

 

カタカタと異音、BIOS上でHDD認識しないとの申告です。

 

 

 

接続後、HDDはすごい勢いで回り、異音が発生。

HDD型番が全然違う形での認識され、エラー表示になります。

 

 

HDD型番 Seagate ST31000524AS

 

 

開封して状態確認したところ、プロッタに内側と外側に幅1cm程傷があり、

ヘッドが擦れて傷が付いたのかと思われます。

 

ディスク上の傷が大きいため、データ復旧不可と判断し、

残念ながらご返却となりました。

 

 

LS510D

 

HDDが認識しない状態です。

 

HDD型番 TOSHIBA DT01ACA200

Power On Hours : 14840 時間
Power On Count : 20 回

復旧ツールでみてもフォルダ構成が表示されません。

 

別ツールを使用するとアクセスできました。

元HDDデータ 31.2G
ファイル:20,522

 

HDDにデータコピーしましたが、

お修理キャンセルのためご返却となりました。

 

BUFFALO HD-CN1.0 TU2

 

 

ドライバーのインストールに失敗してから認識しなくなりました。

 

HDD型番 HDT721010LA360

 

外付けHDDの状態でも認識されません。

 

ツールを使うと表示はされますがHDDの型番は出ず、

分解してHDD単体で複数のツールを使用しても認識不可です。

PCB基盤には損傷はありませんが、HDD稼働時に若干の異音がします。

 

ヘッド交換が必要となりますが

ご予算と合わず、お修理キャンセルとなりました。

 

 

HD-PCF2.0U3-BBA

 

突然認識しなくなり、データ復旧依頼でお持込されました。

 

HDD型番:MQ04ABD200

 

HDDモータは回転しているが認識がされず、
端末に繋ぐと、「タタタ」の異音発生後モーターが止まります。

headの磁気読み取り部周辺でheadの一部がめくれ上がっている状態になっており、

めくれ上がった部分がプラッターの縁に辺り、プラッター上にうまく滑り込まない状況と推測されます。

 

複数のヘッド交換を行っても改善されず、修理不可としてご返却となりました。

 

 

HD-PLF500U3-W

 

 

PCに接続しても、「カッカッカッ…」の異音発生、認識されない。

 

HDD型番 TOSHIBA Mq01ABF050

 

HDDモータは回転しているが、認識されません。

確認したところ、ヘッドの定位置がズレており、ヘッド交換が必要です。

 

お客様に確認したところ、修理キャンセルでご返却となりました。

 

 

 

HD-H250U2

 

PCに接続しても認識されない。

 

 

HDD型番 WD2500BB-55RDA0

 

内部HDDが回転しておらず物理的な障害が確認出来ました。

チップ交換行い、PC3000でSCAN出来ず、HDDのID読み取れません。

基盤交換で回転確認で、PCB基盤不良だと思われます。

 

データ復旧に高額費用となることから、キャンセルとなりました。

 

 

 

HD-LBF1

 

 

外付けハードディスクがPCで認識せず、本体よりカチカチと異音がする。

 

お見積りを提示したところ

ご予算と合わずお修理キャンセルとなりました。

関連記事

Seagate HDDデータ復旧

  Seagate製HDDのデータ復旧事例です。   Seagateは他のHDDメーカーに比べて、構造上プラッタ部にキズが付いてしまうことが多く、 復旧できないことも多いHDDメーカーです。   ヘッド交換でデータ復旧OK、あるいはHDD取りだしだけで完了した事例となり…続きを読む>>

富士通HDDのデータ復旧

  富士通製HDDのデータ復旧事例です。     富士通 MJA2500BH   HDD型番 FUJITSU MJA2500BH   元HDDは接続しても『カチカチ』と異音がして読み取れません。 ヘッド交換が必要な案件です。   ヘッド交換…続きを読む>>

?

? ? ? ? ? ? ? ?

症状やデータ復旧のご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

TEL. 03-6388-0264(10:00~19:00。水・日曜は定休日)