他店より高ければ相談ください。データ復旧修理専門店

東芝 外付け・ポータブルHDD データ復旧失敗事例

東芝の外付けハードディスクでデータ復旧失敗、キャンセルになった事例です。

 

東芝 HD-EB20TK

他社からの乗り換えで依頼いただきました。

他社診断のシールがそのまま張り付けられています。

 

新しいHDDとして認識されてしまう表示が画面に出てしまう。録画が見られない状態です。

状態はフォーマットしますか?表示で、異音等はなし。

 

復旧ツールにかけてスキャンし、データが取得できました。

録画データと思われる形式(dtv、dtv.meta、dtv.chap2といった拡張子)で、正常にファイル書き出しは完了。

 

しかし、調査により、データが復旧できても録画ファイルを見ることはできないと判明。

残念ながら、修理不可としてご返却となりました。

 

東芝 MQ03ABB200

 

 

外付けのハードディスクが読み込めなくなりました。

HDDを取り出してのお持込です。

 

 

大きなヘッドリトライ音がします。

確実にヘッドが故障している為、交換を実施します。

 

復旧ツールを使用してスキャンすると

約111GBのデータを確認できましたが、2TのHDDの為スキャンで再度確認。

最終的に117GBのデータを書き出しましたが

お客様のご希望によりお修理中断、ご返却となりました。

 

 

 

東芝 DT01ACA200

 

 

外付けHDDを落下させてしまい、

PCで認識はしますがドライブ名が表示されません。

 

中を確認すると、落下の影響で4つのヘッドが全て破損・変形しています。

複数回ヘッド交換を実施するも、スキャン後にヘッドの損傷が発生してしまうため

データを読み取るに至りません。

ディスク上の傷の影響が大きく、傷による故障により復旧不可と判定、ご返却となりました。

 

関連記事

東芝 外付けHDD認識しないデータ復旧

  東芝製外付けHDDのデータ復旧事例です。     HD-ED-B30TK   ドライブのみ表示で中身は何も見えません。HDDを取り外す際に「フォーマットしますか?」の表示。 回転はスムーズで、異音があるものの、正常の範囲内です。   HDD型番 …続きを読む>>

BUFFALO MiniStation スリム外付けHDD データ復旧

  BUFFALOのMiniStationモデルの外付けHDDでのデータ復旧事例です。   このモデルはコネクタ部の接続が弱いです。 頻繁に接続部分が故障します。     コネクタ口の補修も可能ですが、構造上USB3.0のコネクタ口は故障しやすく、再発の可能性が高いです…続きを読む>>

症状やデータ復旧のご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

TEL. 03-6692-2734(10:00~19:00。水・日曜は定休日)